アンティークコインとは

アンティークコインは価値が増え続ける美術品


かつて絶対的な信頼があった『日本円』。

第二次世界大戦後、経済は劇的な発展を遂げ、

お金は郵貯銀行へ預けることが

最も安心だった時代が長く続きましたが、それも今は昔。


『土地』 『株』 『投資信託』 『FX』


そして将来の夢を託したたはずの『年金』までが

私たちの期待を裏切り、遂には『貯金』までも・・・



おカネは、そのままだと、

何十年たっても増えません。


しかし『アンティークコイン』に変えるだけで、

価値が上昇します。


子供が大人への過程で身長が伸びるように、

じわじわと価値が上昇し、


いつしか2倍、3倍を越え、

非日常の幸福感で満たされた心を実感頂けます。

欧米の富裕層は資産の30%を現物で保有していますが、アンティークコインはその1つになっています。

インフレ・ヘッジに最適

 

アンティークコインは、過去に実際に使用された

万国共通の隠れ通過ですので、

自国の通貨が低くなればなるほど、強みを発揮します。


いわば「インフレ・ヘッジ」の手段として重宝されています。


ドイツでは第一次世界大戦の

ハイパー・インフレを見越したユダヤ人が

逆に資産を殖やした事が、

当時苦しんでいたドイツ人の反感を買ったほど。




為替のリスクはほぼゼロ


円、ドル、ユーロ、ポンドでの資産保有は

為替リスクを生じますが、


アンティークコインは換金したい国へ持っていき、

売却することが出来ます。


規模の大小を問わず、

毎日世界のどこかで開催されるコインオークション。


ポケットに入れて、欲しい通貨の国へ持っていき、

売るだけなのです。



地金相場の優劣を超えた、全く別の価値観と美学

 

世界で最も美しいと言われる

『ウナ&ライオン』の5ポンド金貨の発行数は400枚

対して銀貨は僅か8枚と言われており

銀貨は3200万円のレコードプライス。




持つ者はしゃべらず、しゃべる者は持たず

 

数多大富豪がいますが、

皆同様に人並みの格好をして生活をしています。


待てば甘露の日和あり秘蔵する殿堂級の珍品は、


いつの日か・・・

 


 

リスクの低さも魅力


コインはバブル崩壊後に値下がりしやすく、

売り出し価格よりも安くなることもありえます。


ただし、基本的に額面や金などの材料価格より安くはなりません。


偽造にかぎらず保存状態の見極めも

非常に重要なリスクです。
 

潤沢に資金があっても対象コインが

予定時間内で揃える事ができるのか?


アンティークコインは製造販売している訳でもなく、

また問屋が有る訳でもありません。



ここは他の全ての商品と異なるポイントです。


逆にこれが理由で値崩れが起きず、

新規業者の参入もありません!


これがコイン人脈、コインネットワークの重要性の理由。

 

リスクの中で一番現実的なリスクは盗難です。


最低限度の対策をしていないと保険も受けてくれません。


そのためのセキュリティ対策が不可欠です。
 

大量発掘は各何度かありました。


しかし、コイン市場の吸収力はとても大きく、

その後はまるで何も無かったかのように

価格は伸びています。
 

コイン偽装といったネガティブな話題もよく耳にします。


コイン売買には、第三者勘定期間や

アンティークコインに精通している

プロフェッショナルの存在が重要になります。