1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo

1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo
1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo 1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo

1826 ジョージ4世 5ポンド 金貨 NGC PF63 Cameo

商品コード : 3589810007
価格 : 29,800,000円
数量
 
「プルーフは持つ人を選ぶ」ジョージ4世の プルーフ金貨

発行枚数:150枚と僅少な5ポンドで金貨は、 殆ど市場に出る事が無いため、目にする事がありません。
それも『NGC PF63 Cameo』とまたとない金貨です。
『紋章に描かれたライオン、ハープ』の明瞭さ、そしてエッジの美しさをご覧ください。

発行数:150枚  重量約:34.94g  品位:0.9170

自らの素行の悪さゆえに、王太子時代から父であるジョージ3世を悩ませ続けた王、それがジョージ4世です。
ようやくハノーヴァー朝も3代目となり、イギリスに根付きはじめたところでもあり、彼が生まれた時には国民の期待も大きく
歓迎ムードでした。祝福の鐘が鳴り響く中、人々は「金のスプーンを口にした王子」と、その誕生を祝したとされています。
しかし、ジョージ4世は、長じてのち「金づかいの荒い王子」となってしまいました。
  • 幼少期のジョージ4世

    そんな風に育ってしまった彼の成長過程には、いったい何があったのでしょうか?まずは、ジョージ4世の子ども時代をのぞいてみましょう。真面目な父王ジョージ3世は、王子といえども甘やかせることなく教育するよう指導係に命じていました。そのため、ジョージ4世は、小さい頃から規則正しいスケジュールにのっとり、教育を受けていたとされています。しかし、それが逆効果だったのでしょうか。まだ教育を受けている最中にもかかわらず、すでに父王の批判者に賛同する旨の発言をしています。

  • ジョージ4世の女性遍歴

    女性関係でも困った問題ばかり引き起こしていたジョージでしたが、父王から借金の棒引きをかたに正式な結婚を 持ちかけられ、それに応じました。
    相手は、カール・ヴィルヘルムの次女、キャロラインです。彼には、キャロラインとの間に、唯一の子どもシャーロット・オーガスタ王女がいましたが、彼女は1817年自らのお産の時に不幸にも死亡しています。
    そのためジョージ4世が67歳で亡くなった後は、弟がウィリアム4世として即位しました。 

5ポンド金貨(プルーフ)1826年。とかく悪い方の評判ばかりが目立つジョージ4世ですが、その分コイン
は狙い目とも言えそうです。発行数が少ないため希少価値が高く、また状態のいいコインも多く残っています。
この頃から王の肖像の髪が短くなり、ぐっと現代に近づいてきたという印象です。
ジョージ4世の横顔の立体感や髪の毛の流れまでが美しく描かれています。
コイン裏面の王冠を戴くマントとその内側の紋章のデザインもかなり精巧で、
いつまでも眺めていたくなるような美しさです。