icon会員登録 icon資料請求 iconお問合せ icon来店予約

検索:

cart お問い合わせ 来店予約 資料請求 新規会員登録 tel

素材 > 1839年 ヴィクトリア女王 5ポンド金貨 ウナ&ライオン PCGS PR64DC WR-278(R4)

検索:

1839年 ヴィクトリア女王 5ポンド金貨 ウナ&ライオン PCGS PR64DC WR-278(R4)

イギリスで1839年にヴィクトリア女王の即位から2年後に発行された5ポンド金貨で、 わずか発行数400枚の希少な記念金貨。

フランスのBarre(バール)と並び、西洋に名を轟かせた彫刻師と言われる“William Wyonウィリアム・ワイオン”がデザインした“世界で最も美しい金貨”の異名を持つコイン。

(ウィリアム・ワイオン:1828年〜1851年の間、イギリス王立造幣局の主任) アンティークコインの世界を代表とする1枚としての地位を確立し、コレクターの垂涎の的として各種雑誌、メディアで取り上げられている。

昨今では、“開運!なんでも鑑定団”で取り上げられたことから、一気に人気に火が付いた。

1837年に18歳という若さで即位したヴィクトリア女王は、1901年まで63年間という現エリザベス2世に次ぐ在位期間を誇る。

ヴィクトリア朝と呼ばれるイギリスで最も栄華を放った大英帝国時代を築いた女王。

「ウナ」とは、エドモンドスペンサー著作の“妖精の女王”の主人公でライオンは、そのウナを守護する存在として登場する。

ウィリアムワイオンは、「ウナ」=ヴィクトリア女王、「ライオン」を英国(国家)と表現し、大英帝国の発展を願うデザインとした。

表面には即位当時の若きビクトリア女王、裏面には大英帝国、国家の繁栄を願い、ウナ(陽性の女王:国家を導く者)がライオンを導く姿がデザインされています。

刻印の「DIRIDGE DEUS GRESSUSMEOS(ラテン語で、我が君主が進むべき道を示すであろう)」を意味する。

ウナ&ライオン5ポンド金貨は発行枚数400枚のプルーフ金貨で、現在のモダンコインの“プルーフコイン”とは意味合いが少し異なる。

このウナ&ライオン5ポンド金貨は、髪飾りや髪型のデザインの違いなど、種類だけでも10種類以上が発行され、“試鋳貨(pattern)”としての意味合いが強い。

試鋳貨(pattern)は、流通貨幣を作る前に試し打ちするコインのこと。  

発行数400枚と言われながらも、現存するのは100枚程度ではないかと言われるほど希少で、その多くは摩耗や磨き傷など保存状態(Details鑑定)の悪いものが目立つ。

2015年9月末にロンドンで行われたオークションで、このウナライオンを含む15枚フルセット(世界最高鑑定)が約1億円のレコードプライスで落札された。

1839年 ヴィクトリア女王 5ポンド金貨 ウナ&ライオン PCGS PR64DC WR-278(R4)
商品コード 37788969
一般価格 98,890,000 円(税込)
会員様価格 89,900,000 円(税込)
数量
発送元 海外から取寄せ(発送に2週間程度要します)
鑑定番号 PCGS鑑定はこちら》
鑑定番号 NGC鑑定はこちら》
シェアする
share
share
share
share

CHECKED ITEMS

最近チェックした商品